平成26年度 合格者達の声


後半戦通信添削講座(参加No.1155)
Tさんの声(東京都)

お陰様で、学科2回目からの製図初受験合格できました。昨年から合格物語も併せ、講習会からお世話になりました。きめ細やかなアドバイスに助けられたと思っています。
本当にありがとうございました。遅くなりましたが、少し落ち着いたので振り返ってみます。

【1.ウラ指導の指導内容で合格に役立ったこと】
・他の受講生の図面が見れること。また、質疑回答も併せて見られること。
・自分の時間の中で勉強できること。課題の分析から指導頂ける講習会に参加した。(ケンプラッツも拝見しました(笑)

【2.学習方法で工夫したことや力を入れて勉強したこと】
資格はなかったが、仕事上、設計の経験はあったので、いわゆる試験用のノウハウ(時間配分や要点記述等)取得に力を入れた。課題については、何度も解くようなことは特にしなかったが、他の受講生のチェック点について、朝と夜2回以上は更新されていないか目を通すようにした。

【3.合格できなかった年に比べて心構えや当日の心境などで変わった点はありましたか?】
合否発表までの時間も含めて、ただただ、メンタルを鍛えなければならない試験だと感じた(笑
合否を分けるポイントについても分からない部分が多すぎる。本番はエスキスの流れや割り切る部分について、教えのとおり自信を持って進めることができて、緊張することはなかった。(逆に、楽しく受験できた)
「エスキスと並行し計画の要点をどう書くか」を意識した勉強が重要ではないかと思う。